アプリによるキャッシュレス化、次世代モビリティの走行実験等、新技術を結集
2021年2月15日~3月12日
つちうらMaaS実証実験を実施します

                    

 つちうらMaaS推進協議会(土浦市・関東鉄道(株)他11団体で構成)は、2021年2月15日から3月12日まで、「つちうらMaaS実証実験」を実施します。
 この実験は、観光客の周遊促進及び市民の移動手段確保を目的として実施するもので、国土交通省「令和2年度日本版MaaS推進・支援事業」に選定され、準備を進めているものです。
 この度、以下の内容で実験を実施いたします。

※MaaS(マース)とは、複数の公共交通やモビリティを最適に組み合わせ、検索・予約・決済等を一括して行うサービスのことです。

   

概要

   

1.ジョルダン「乗換案内」アプリによるキャッシュレス化実験


2.自転車道(つくば霞ケ浦りんりんロード)における電動キックボード走行実験


3.土浦市新治地区におけるAIコミュニティバス運行実験


4.自動運転一人乗りロボ「ラクロ™」の走行実験




実験期間 2021年2月15日~3月12日




つちうらMaaS実証実験一覧

  • 「乗換案内」アプリによるキャッシュレス化実験

    ジョルダン株式会社「乗換案内」におけるマルチモーダル経路検索・モバイルチケット購入(キャッシュレス決済)の実証実験を実施します。

  • 電動キックボード走行実験

    つくば霞ケ浦りんりんロード(自転車道)の一部区間を用いて、電動キックボードの活用可能性を探ることを目的として、すれ違い・追い抜き・並走等、様々な条件の下での安全性を確認する走行実験を実施します。

  • AIコミュニティバス運行実験

    公共交通不便地域である土浦市新治地区において、市民の移動手段確保を目的として、地区と既存路線バスのバス停・商業施設等を結ぶコミュニティバス(無料)を運行する実験を実施します。

        
  • 自動運転1人乗りロボ「ラクロ™」走行実験

    AIコミュニティバスのバス停から自宅までのラストワンマイルを担うモビリティとして、新治地区公民館付近の歩道において、自動運転一人乗りロボ「ラクロ™」の走行実験を実施します。